ファッションってやっぱり面白い…!冬服おしゃれ用語

冬物は服の素材に注目すべき!

意外と知らない人も多い「ローゲージ」

ゲージとは編み目のことを指しており、ローゲージは編み目が少ないという意味があります。

出典ローゲージとは

ローゲージとは、ハイゲージに対する言葉で、粗いゲージ(一定寸法中の編み目の数)のこと。

出典ローゲージ:low guage 意味・用語解説 – ファッションプレス

冬のアウターとして選ぶには、最高のアイテムです。また、手作り感があり、柔らかなイメージもあります。

出典ローゲージとは

ローゲージに対する「ハイゲージ」

ハイゲージとは、一見編み目の分からない、細かく密に編み込まれた状態のこと。

出典ハイゲージニットとローゲージニット ~与える印象の違い~ | パーソナルカラー・デザイン・イラストのみくるみカフェ

基本的に『編み目』が目立たずすっきりしており、コーディネートもしやすい代表的なニットです。

出典ハイゲージニットとローゲージニット ~与える印象の違い~ | パーソナルカラー・デザイン・イラストのみくるみカフェ

着ぶくれする事なく、スマートな着こなしに仕上げたい時におすすめです。

出典「ハイゲージ」と「ローゲージ」どっちが似合う?冬の定番ニットの今年らしい着こなし術 | キナリノ

冬カジュアルの定番シャツ素材「フランネル」

フランネル素材は、「ネル」とだけ発音されることもあります。代表的なアイテムは、ネルシャツなどです。

出典「フランネル素材」ってどんな素材?

別名として「フラノ」と呼ばれることもあり、元々はイギリスのウェールズ地方に伝わる毛織物のことです。

出典「フランネル素材」ってどんな素材?

フランネル素材の立ち位置というのはカジュアルな素材であったりもします。素材としてはファッションとしての関わりは深いですが、フォーマルな場面では場違いになりかねないのでご注意を。

出典冬の定番フランネル!魅惑の裏側とは!? | B.R.JOURNAL | B.R.SHOP

由来は肋骨wリブ素材

とにかくかわいくて使い勝手の良さを兼ね備えるのは”リブ素材”のファッションアイテム。

出典かわいさが止まらない。トップスもパンツも”リブ素材”フィーバー中♡ – lamire [ラミレ]

網目が肋骨(=rib)のようであることからリブ編と呼ばれるようになったという。

出典リブ編:rib 意味・用語解説 – ファッションプレス

ゴム編み、畦編みとも言われる。 伸縮性があり、ニットの袖口などに使うことが多い。

出典リブ編:rib 意味・用語解説 – ファッションプレス