ジョギングダイエット成功者でも…失敗したダイエット法

1ヶ月間毎日5km走ってマイナス2kg!達成

<20歳 フリーター>
私は背が低いわりには少し下半身がぽっちゃりしていました。

そこで運動不足解消も兼ねてジョギングを始めました。今回ダイエット期間は一ヶ月の短期集中にしました。

長いと必ずどこかで断念してしまうからです。結果はマイナス2キロでした。ジョギングは天気のいい日などは、朝と家に帰った後に走りました。

雨の日は、流石に外では走ることができないので、市民体育館のランニングゾーンで走りました。

日曜日のみをお休みの日にしてこれを毎日繰り返しました。走っていた量は、1日5キロくらいだと思います。

走るだけだと単純に疲れてしまうので、私は気分を上げるように、好きな音楽を聴きながら行いました。自分の好きなことをしながらだと長続きすると思います。

でも、筋トレダイエットには向いてなかった…


ジョギングを行う前にやったダイエットは、腹筋、背筋、腕立て伏せをしました。

毎日50回ずつを目標で期間を二ヶ月と決めました。

理由は筋肉がつき、引き締まると思ったからです。ただしこのダイエットは一週間しか続きませんでした。

合わなかった理由は期間がとても長く途方にくれてしまうのと、50回と決めてしまい、本当はできなあのに高い目標をつけてしまったからです。

まだ、回数や期間を自分にあったようにしておけば続いたかもしれないと思っています。

1年で-5kgと体重はそこまでだけど、見た目はかなり引き締まった

<41歳 主婦>
私がダイエット法として、ジョギングを選んだのは、消費カロリーがある程度多く、お金もかからない(習う必要がないため)ので確実に痩せられるはず…と思ったからです。

周囲でジョギングをする習慣がある人は皆痩せていましたし…。

ジョギングダイエットをしていたのは実質1年くらいです。食事制限もありましたが、5キロくらいは痩せました。ただ、正直言って実際はもっと痩せて見えたと思います。

やはり食事制限だけで痩せるのと比べて運動で痩せるのは、筋肉が付くから体重の減りとしてはそれほど多くないんですよね。でも、見た目やサイズは確実にスリムになります。

週に3~4回程度ジョギングをしていました。

外で走ることもありましたしジムのランニングマシンで走ることもありましたが、時間的には20分~調子が良ければ40分くらいは走っていました。距離にすると3キロ~5キロ弱程度だと思います。

ジョギングをする前はかなり全身の肉がたるんでいましたが、走るようになってからは特に足がきゅっと引き締まって「脚が細い、キレイ」と言われることが増えました!

水泳はかなり疲れる!お腹が空いてついつい・・・


私に合わなかったダイエット法は、間違いなく水泳ダイエットです(笑)

実はジョギングダイエットをする前に水泳ダイエットに挑戦したこともあるのですが(水泳は消費カロリーが高いと聞いたので)、とにかく水泳は疲労感が半端なく、かつ泳いだ後にものすごくお腹が空いてしまうのが困りものでした。

なので、結局泳いだ後はたくさん食べてしまい、結果的に太ってしまいましたね。私の場合、水泳のように余りに消費カロリーが多くてハードな運動は合わなかったです。

3ヶ月で-10kg。ただ走るのは続かない。ジョギングは楽しく

<31歳 サービス業>
ジョギングダイエットは、陸上の先生と出会い、ジョギングの方法などを教えてもって、「ダイエットには効果的」と聞いてやってみようと思ったのがきっかけでした。

始める前はどんどんと体重が増えていって、過去最高体重を更新し続けていました(笑)

ダイエット開始は、体も重いので週に3日を目標に、「自分の気分が乗った時だけ」という自分ルールを決めて、まずは「5分だけ」のジョギングから始めました。

息は切れるし、すぐ歩いちゃうし…。自分の体力の落ち具合に驚愕と落胆がのしかかりました…。

4~5回続けると体も慣れてきて、5分だったのが10分、15分、20分と、最終的には30分くらい走れるようになりました。

RADWIMPSが大好きなので、結構ノリノリで歌いながら走ることもしばしば。

続けるコツとしては「好きなことをしながら走ることと、5分で走れる距離を自分で道を作ること。」

そうすると、なんとなくこの距離でこの時間走れるというのがわかって、達成しやすくなります。

同じ時間走っていても、だんだん距離が伸びるのも楽しくなるポイントです。

週4~5日で長くて30分くらいのジョギングをして、3ヶ月で10kg落ちました。

食べれないのはストレス!食事改善ダイエットはホントにムリ!


私に合わなかったのは食事改善のダイエットです。

ストレスしかなかったです。

カロリー計算なども苦手でした。

ただ、私は炭水化物も好きですが野菜も肉もフルーツも同じように好きで、甘いものは苦手だったこともあって、運動すれば食事の分はどうにかプラマイゼロにはできるようでした。

アバウトな性格で、料理も凝ったものより、時短で簡単にできるものが好きなので、低カロリーのものや置き換えというのは面倒だったということもあります。

腹の足しにならないというストレスも大きかったかもしれません。

コメント